久保建英はプレミアリーグへ移籍するのか?しないのか?

リーガ・エスパニョーラ2023-2024も閉幕を迎え、来シーズンのレアル・マドリードへの復帰の可能性は低そうな久保建英ですが、夏の移籍市場で注目の選手の1人であることは間違いないですよね。

(出典:https://diamond.jp/articles/-/323077

特にイングランドのプレミアリーグの複数のクラブが彼に興味を持っていることは、すでに周知の事実ですよね。

アーセナル、マンチェスター・ユナイテッド、トッテナム・ホットスパーといった、強豪クラブがその主要な候補です。

トッテナムの動き

トッテナム・ホットスパーは、久保建英を獲得するためにレアル・ソシエダに5000万ユーロのオファーを提出しました。

トッテナムは久保建英の技術とスピードが攻撃陣に新たな力をもたらすと期待しています。

彼はプレースタイルが非常にテクニカルで、速いドリブルが得意なので、トッテナムのチームに大きな貢献をすることが予想されます。

リバプールの関心

リバプールもまた、久保建英に強い関心を示しています。

特に、モハメド・サラーのバックアップや将来的な後継者として久保建英を見ています。

かつて、サラーがアフリカネイションズカップで負傷したことで、リバプールは久保建英のような左利きのウィンガーを補強する必要性をとても感じているのは間違いないですね。

久保建英はサラーに似たスタイルを持ち、右ウィングでカットインするプレーも得意です。

気掛かりな点としては、クロップが去ったあとのリバプールの戦術によっては、移籍の可能性は大きく変わる点でしょうか。

アーセナルとマンチェスター・ユナイテッドの動向

アーセナルとマンチェスター・ユナイテッドもまた久保建英に注目しており、両クラブは彼の契約解除条項である6000万ユーロを支払う準備があります。

アーセナルはブカヨ・サカやガブリエル・マルティネッリのポジションで競争力を高めたいと考えており、マンチェスター・ユナイテッドは右ウィングの強化を図るために久保建英を狙っています。

どちらのクラブ

久保建英を獲得することで、攻撃陣の層を厚くすることができるでしょう。

レアル・ソシエダでの活躍

(出典:https://web.gekisaka.jp/news/world/detail/?398079-398079-fl

久保建英は現在、スペインのレアル・ソシエダでプレーしており、今シーズンのラ・リーガで7ゴール5アシストを記録しています。

彼のプレーは非常に安定しており、そのパフォーマンスは高く評価されています。

ただ、残した数字という点では物足りないのも事実。

しかし、環境が変わることでさらに成長する可能性があるのは疑いようがないのは事実であり、どのクラブに移籍しても大きな戦力となるでしょう。

まとめ

久保建英の移籍先については、プレミアリーグの複数のクラブが彼に強い関心を持っていることがわかります。(もちろん、レアル・マドリードだって関心がないわけではないとして)

特にトッテナム、リバプール、アーセナル、マンチェスター・ユナイテッドが彼の獲得を目指しており、今後の展開に注目です。

久保建英がどのクラブに移籍するかによって、そのキャリアは大きく変わる可能性があります。

彼にスペインサッカーがハマっているのは確かですが、プレミアリーグでプレーする姿を見てみたいのも確か。

これからも彼の動向に注目していきましょう。久保建英がどのクラブで新しい挑戦を始めるのか?ファンにとって非常に楽しみな話題です。

スポンサードリンク
スポンサードリンク