村上佳菜子が全日本フィギュアを前に「世代交代」の寂しさを露呈

murakamikanako1

村上佳菜子が全日本フィギュアを前に「世代交代」の寂しさを露呈!

12月26日に開幕する、「フィギュアスケート全日本選手権」を直前に控えた、女子の村上佳菜子選手が、非公式練習の際に、現在進んでいるフィギュア界の「世代交代」に寂しさを露呈しました。

昨年は、同郷の先輩、鈴木明子さんが引退し、常に背中を追いかけていた、浅田真央さんは休養中で、このまま引退となる可能性もあります。

今年の10月には、男子フィギュアのエース、高橋大輔さんも引退しましたが、その際の理由として、「モチベーション」を口にしました。

このあたりについては、それまで、国内男子フィギュアのエースと君臨し、同世代のライバル、織田信成さんや小塚さんなどとは、別次元のライバル、羽生結弦選手が登場した事が影響していると見られています。

新世代のハイレベルな演技を怪我と戦いながら練習に試合に挑む高橋大輔さんとしては、かなり精神的に辛い状況があったのは察します。

フィギュアに限らず、スポーツ界では世代交代は常ですから、どんなスター選手にもその時は訪れます。

今回、村上佳菜子選手が、寂しさという名の弱音を吐いたのは、中学2年生にして、「全日本ジュニアフィギュア」を制した、樋口新葉(ひぐちわかば)選手や本郷理華選手が、今回の全日本選手権で注目を集めている事に他ならないでしょう。

 

higutiwakaba

 

中学2年生の樋口新葉選手は、ポスト浅田真央と言われ、浅田真央、安藤美姫と並ぶ逸材と言われていて、全日本選手権では、優勝争いに絡めるか注目されています。

 

本郷理華選手も、デビューシーズンにおいて、GP2戦目にして初優勝を飾っており、この記録は、浅田真央さん、そして村上佳菜子選手に次いで3人目の快挙となります。

 

hongourika

 

こういった新しいライバルの登場と、今までの目の前に立ちはだかった先輩たちが姿を消した大会を前に、いつもと違う空気を感じた事が、「寂しい」という発言に繋がったと思われますが、村上佳菜子選手も、言っても、まだ20歳の選手で、まだまだ老け込むには早いです(汗)

今度は、彼女自身が、本郷理華選手や樋口新葉選手の前に立ちはだかる壁になるつもりで、今回の全日本選手権には挑んでほしいものです。

村上佳菜子選手の場合、人の良さが彼女の良いところではありますが、勝負事にそれがどう影響するか、世代交代の並と併せて、今年の全日本選手権は注目ですね。

 

murakamikanako2

 

 

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク