浅田真央が復帰後に結果を出せるかはハーフハーフ?決定的に足りないものとは?

asadamaodougansugiru
 
女子フィギュアスケートの浅田真央が競技復帰を宣言してから初となる演技を札幌で開催された、「THE ICE 札幌公演」で披露しました。
 
 
ショーにおける演技としては、今年の1月に行われた、「スターズ・オン・アイス」以来、半年ぶりとなるものです。
 
 
今回のイベントでは、演技と併せて、トークショーも行われ、姉の浅田舞がMCとして登場し、村上佳菜子や宮原知子が参加しました。
 
 
このトークショーでも、復帰戦となる10月の「ジャパンオープン」に向けて、休養前の状態に戻すために練習を続けている中で、感覚が戻り始めている実感があることを口にした浅田真央
 
 
現役復帰初戦で、かつての女王がどのような姿を見せてくれるのか、日に日に注目が高まっています。
 
 

浅田真央に決定的に足りないアレは復帰後も望めない?

 
フィギュアスケートの元女王の復帰に、多くのファンが歓迎ムードの中、どうしても気になるのは、浅田真央に決定的に足りないものが今後も手に入るとは感じられないことです・・・。
 
 
それは「色気」
 
 
常にライバルとして比較され続けてきた、韓国のキム・ヨナと比べて、決定的といって良い程足りないものが色気だと言って良いでしょう。
 
 
現在24歳の浅田真央
 
 
現役復帰戦となるジャパンオープンを迎える前に、25歳の誕生日を迎えます。
 
 
ちなみに、姉の浅田舞さんは、今月7月に27歳の誕生日を迎えました。
 
anenihairokegaaru
 
3つしか離れていない20代の姉妹としては、明らかに浅田真央さんの幼さが際立って見えます・・・。
 
 
失礼ながら、姉の舞さんに比べ、これまで目立った色恋の話もなく、フィギュアスケートに人生を懸けてきた感が強い浅田真央。
 
結果的には、そのことが彼女の演技に色気、艶と言っても良いでしょう、そこがどうしても手に入れられないもののように感じます。
 
 
浅田真央は、身長163センチと、日本のフィギュア女子選手の中では比較的上背があり、手足の長さは周りと比べて際立っています。
 
当然、演技においても、彼女の売りであるジャンプと併せて、その手足の動きも見せ場と言って良いでしょう。
 
 
しかし、どうしてもその童顔と色気を感じさせる事に繋がらない体型こそが、復帰後の足かせとなるように思えてなりません。
 
 
例えば、今回の札幌でのアイスショー「THE ICE」告知用のこちらの1枚。
 
theice2015asadamao
 
幼さが全開です・・・。
 
 
もし中学生だと言われれば、そうなのかと思ってしまいかねない童顔です。
 
 
まもなく25歳を迎える彼女に求められる演技は、初々しさなのでしょうか?
 
 
もしそんな事が望まれているのだとしたら、彼女の現役復帰は世界の頂点には届かないものとなるよう感じます。
 
 
真央ちゃんスマイル」も大切かもしれませんが、実はこのスマイルこそが、彼女の幼さを際立たせているのも事実。
 
asadamaofukigonokdaitoha
 
 
彼女がフィギュアスケート復帰後に結果を出す為には、休養前ままでの演技だけではなく、そこから突き抜けたものを求められるはずですし、そうでなければ、今一度女王の座につくのは困難なのではないでしょうか?
 
今までに無い浅田真央を見せてくれることも、現役復帰の課題だと思います。
 
 
あえて断言しますが、浅田真央に絶対必要なものは色気
 
 
そのためには、やはり色恋の経験を積むしかないのですが、とても間に合いそうにないだけに、結局はジャンプに磨きをかけ、長い手足を生かした従来のスタイルで挑むしかないのかもしれません・・・。
 
 
そんなジレンマを感じつつ、10月の復帰戦を見守りたいと思うのでした。
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク